お知らせ

ゴールデンウィーク期間中の休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊協会では、誠に勝手ながら下記の期間を休業とさせていただきます。
何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【ゴールデンウィーク中の休業期間】
 2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)


2020年5月7日(木)より通常業務を再開致します。
ゴールデンウィーク中の休業に伴い、ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

【お問合せについて】
この期間中のお問合せフォームおよびメールによるお問合せは、24時間お受け致しますが、 5月7日(木)より順次対応させていただきますので、重ねてご了承いただきますようお願い申し上げます。

皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
今後とも国際情報普及協会を宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人 国際情報普及協会

新型コロナウイルス感染症の対策として、時差Biz、テレワークを実施

弊協会では、新型コロナウイルス感染症の対策として、2020年2月26日(水)より時差Bizを導入してまいりましたが、緊急事態宣言の発出に鑑みて、4月8日(水)よりテレワークを導入し併せ実施することにいたしました。

テレワーク中の代表電話に関しては、従来の夜間および休日対応と同様に、職員への転送態勢をとっております。
通常より呼び出し時間がかかることがございますが、ご容赦賜りたく存じます。なお、転送先までの電話料金は当方で負担いたします。
また、メールについては、通常通り対応いたしております。

みなさまにはご不便をおかけいたしますが、なにとぞご了承くださいますよう、お願い申しあげます。

一般社団法人 国際情報普及協会

機関誌「ING」<イング> vol. 21 春号 発行のお知らせ

巻頭の リーダーの肖像 × 防災-ing では、内閣府政策統括官(防災担当)の青柳一郎氏のインタビューを掲載。
各分野で日々奮迅され広い視野をもって問題の解決に挑んでおられるリーダーの方々にお話を伺い、その取り組みと未来像をご紹介させていただいております。
誌面づくりにご協力いただいた方々からの情報や言葉たちが、読者のみなさまにとって、拓けた未来へ向かうためのヒントのひとつとなりますよう、編集に尽力いたしました。
機関誌「ING」21 春号
機関誌「ING」最新号を見る

11月27日(水) 東京にて第11回INGセミナーを開催いたしました。

2019(令和元)年11月27日(水)、東京国際フォーラムにおいて、第11回INGセミナー
五輪前にしっかり確認、経営向上のヒント
~「サイバーセキュリティ」「外国人技能実習生」「マネー」~

を開催し、盛況のうちに無事終えることができました。

今回のセミナーでは、令和時代を生き抜くための経営向上のヒントとして、3つの講演を行いました。

■第一部
「サイバーセキュリティ」 では、警視庁サイバーセキュリティ対策本部の本部員さま をお招きしました。

■第二部
「外国人技能実習生」では、一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会(AST)の専務理事であり、協同組合 アミティの代表理事であり、髙橋国際法務事務所の行政書士でもある髙橋 保雅 さま にご登壇いただきました。

■第三部
「マネー」では、Gift Your Life 株式会社のファイナンシャルプランナーの丸山 拓児 さま にご登壇いただきました。

※以下に参加者の方々のご意見の一部を抜粋いたします。

参加者のご意見(一部)

第一部は、動画が面白かった。内容は常識的でしたが確認になった。
実はもっと高度なものを期待しておりました…。
第二部は、講師の方が本当に好きでこのお仕事をされているという"想い"が伝わってきた。
第三部は、一番役に立つかな、と思いました
(管理系部門の方には、よく知られた話なのかもしれませんが)。
もっと知りたいが、セールスはこわいです。
外国人技能実習生の部分、フィリピンの受け入れパターンが他国と違うところは参考になりました。
サイバー攻撃については、明日は我が身と思い、気を引き締めねば、と思いました。
映像による問題提起は分かり易かった。
技能実習生の受け入れと働き方改革関連セミナーとして、深堀りが欲しかった。
ex.:AIと働き方改革、人材不足、技能実習生、特定技能
相続に関する内容が役に立ちました!
サイバー攻撃の実例を用いて説明していただけたので、より参考となりました。
オフィスの現状を再度見つめ直すきっかけになりました。
マネーセミナーでは、資産運用等について、もっと話を聞いてみたいと思った。
税制について詳細の説明があったので良かった。
各部のつながりがうすい感じがしたので、テーマ(ターゲット)をしぼって、
内容を深く掘り下げた方がいいかなと思った。

いただいたご意見をもとに、よりよいセミナーを企画していきたいと存じますので、また次回のINGセミナーを、よろしくお願いいたします。

※セミナーの詳細内容はPDFデータよりご確認ください。

機関誌「ING」<イング>vol. 20 秋冬号 発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、衆議院議員で元防衛大臣の中谷元氏のインタビューを掲載。
各分野で日々奮迅されておられるリーダーの方々にお話を伺い、その取り組みと未来像をご紹介させていただいております。読者のみなさまが現状より少しでも拓けた未来へ向かうため、これらの情報や言葉たちがヒントのひとつとなりますよう、編集に尽力いたしました。
機関誌「ING」19号
機関誌「ING」最新号を見る

11月27日(水) 東京にて第11回INGセミナー開催のお知らせ

11月27日INGセミナー 11月27日(水) 東京にて第11回INGセミナーを開催いたします。
「五輪前にしっかり確認、経営向上のヒント
~「サイバーセキュリティ」「外国人技能実習生」「マネー」~」


今回のセミナーでは、令和時代を生き抜くための経営向上のヒントとして、3つの講演を行います。
第一部「サイバーセキュリティ」 では、警視庁サイバーセキュリティ対策本部の本部員さま をお招きします。
第二部「外国人技能実習生」では、一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会(AST)の専務理事であり、協同組合 アミティの代表理事であり、髙橋国際法務事務所の行政書士でもある髙橋 保雅 さま にご登壇いただきます。
第三部「マネー」では、Gift Your Life 株式会社のファイナンシャルプランナーの丸山 拓児 さま にご登壇いただきます。

開催日時:2019 (令和元)年11月27日(水) 
     14:00開演(開場・受付:13:30~、閉場:~16:40予定)
会場:東京国際フォーラム
会費:特別ご招待(無料)※事前お申込み必須。定員になり次第締め切らせていただきます。

台風19号による被害のお見舞い

この度の台風19号により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
いまだ停電が続く地域もございますが、被災地域の一日も早い復旧を、
職員一同心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 国際情報普及協会

台風15号による被害のお見舞い

この度の台風15号により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
いまだ停電・断水が続く地域もございますが、被災地域の一日も早い復旧を、
職員一同心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 国際情報普及協会

山形県沖地震のお見舞い

2019年6月18日に山形県沖を震源とする地震により、多大な被害をもたらしました。

被害に遭われた地域の皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげますとともに、
一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

一般社団法人 国際情報普及協会

機関誌「ING」<イング>vol. 19 夏号発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、 高知県四万十市長の 中平正宏氏のインタビューを掲載。
本号では『CHANGE あらたな希望へ』をテーマとして、各分野で日々奮迅されておられるリーダーの方々にお話を伺い、その取り組みと未来像を紹介させていただいております。
読者のみなさまにとって、現状より少しでも拓けた未来へ向かうための、参考のひとつになればとの「思い」を託され、誌面作成に尽力いたしました。
機関誌「ING」19号
機関誌「ING」最新号を見る

機関誌「ING」<イング>vol. 18 春号発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、 城南信用金庫の渡辺泰志氏のインタビューを掲載。
本号では『新時代への活力』をテーマとして、各分野で日々奮迅されておられるリーダーの方々にお話を伺い、その取り組みと未来像を紹介させていただいております。 読者のみなさまにとって現状より少しでも拓けた未来へ向かうための、参考のひとつになればとの「思い」を託され、誌面作成に尽力いたしました。
機関誌「ING」18号
機関誌「ING」最新号を見る

機関誌「ING」<イング>vol.17 秋冬号発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、シャンソン化粧品の川村修氏のインタビューを掲載。
本号では『多様性社会に適応できる人づくり』をテーマとして、各分野で日々奮迅されておられるリーダーの方々にお話を伺い、その取り組みと未来像を紹介させていただいております。 読者のみなさまにとって明日に向かう参考の一つになればとの「思い」を託され、誌面作成に尽力いたしました。
機関誌「ING」17号
機関誌「ING」最新号を見る

11月27日(火) 東京にてセミナー開催のお知らせ

11月27日INGセミナー 11月27日(火) 東京にてセミナーを開催いたします。
「ポスト平成の未来学」
今回の講師は、メディアスケッチ株式会社 代表取締役・サイバー大学客員講師・日経ビジネス講座講師等でご活躍の 伊本 貴士 さま、そして、公益財団法人 国際研修協力機構 講習業務部 業務課 課長の 斎藤 環 さま をお招きします。

■開催日時
2018(平成30)年11月27日(水)
15:00開演(開場・受付:14:30~、閉場:~17:30予定)

詳しくは、セミナー案内ページをご確認ください。

北海道地方地震のお見舞い

平成30年9月6日に北海道地方を震源とする地震により、多大な被害をもたらしました。

被害に遭われた地域の皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげますとともに、
一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

一般社団法人 国際情報普及協会

平成30年台風第21号による災害のお見舞い

平成30年台風第21号により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

被災地の皆様のご無事と、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

一般社団法人 国際情報普及協会

平成30年7月の豪雨による災害のお見舞い

平成30年7月の豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

被災地の皆様のご無事と、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

一般社団法人 国際情報普及協会

機関誌「ING」<イング>16号発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、日本通信の福田尚久氏のインタビューを掲載。
本号では、豊かな未来を築いてゆくために、弊協会約7000社の会員の皆さまがたゆまぬ改善の重要性をより感じてくださればと念願し編集いたしました。
機関誌「ING」16号
機関誌「ING」最新号を見る

大阪府北部地震のお見舞い

平成30年6月18日に大阪北部を震源とする地震により、近畿圏に多大な被害をもたらしました。

被害に遭われた地域の皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげますとともに、
一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

一般社団法人 国際情報普及協会

5月29日(火) 大阪にてセミナー開催のお知らせ

5月29日INGセミナー 5月29日(火) 大阪にてセミナーを開催いたします。

「AI時代に向けて、今何をすべきか ~ ご存知ですか? AIって ~」

今回の講師は、メディアスケッチ株式会社代表取締役・サイバー大学客員講師・経済産業省地方版IoT推進ラボメンター(技術指導者)・日経ビジネス講座講師等でご活躍の伊本貴士さまをお招きします。

詳しくは、セミナー案内ページをご確認ください。

機関誌「ING」<イング>15号発行のお知らせ

巻頭のリーダーの肖像では、日本医科大学の吉田寬先生のインタビューを掲載。
また「糖尿病とは」と題し4ページの特集を組み、弊協会約7000社の会員の皆さまが生活習慣改善の重要性をより感じてくださればと祈念し編集しました。
会報誌「ING」15号
会報誌ING最新号を見る

ING15号の訂正とお詫び

機関誌「ING」15号の一部版(初版)の糖尿病記事内(15ページ)におきまして、2ヶ所の誤植がありましたので、訂正し、併せて関係各位に心からお詫び申し上げます。

図表 血糖コントロール目標
誤:HbAic(%) → 正:HbA1c(%)

注2)
誤:HbAic → 正:HbA1c

一般社団法人 国際情報普及協会
ING編集部

3月23日(金)ING春季セミナー開催のお知らせ

3月23日(金)ING春季セミナー「事業承継の問題点と新たな解決策」開催いたします。
一般的事業承継の手法に関する知識解説とともに、山本司法書士が実務で処理した事例と知識を絡めて、事業承継の具体的提案を提示します。
詳しくは、セミナー案内ページをご確認ください。

機関誌「ING」<イング>14号発行のお知らせ

参議院議員 外交防衛委員会委員長の三宅伸吾先生のインタビューをはじめ、Pick up interviewでは株式会社レコチョク加藤裕一社長様、「農福連携」で新たなビジネスモデルを構築されている川嶋准教授への取材など、
多彩な内容となっています。
情報誌「ING」14号

機関誌「ING」<イング>13号発行のお知らせ

リーダーの肖像として茨城県水戸市 高橋靖市長を取材。
またAsian Nowとして「 ありのまま書いて、言霊を伝える。」書家 山内清香さんをご紹介します。
情報誌「ING」13号

技能実習法による新しい技能実習制度について

平成29年11月1日、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)が施行されました。

■監理団体の許可
技能実習法第23条第1項の許可(第32条第1項の規定による変更の許可があったとき、 又は第37条第2項の規定による第23条第1項第2号に規定する特定監理事業に係る許可への変更があったときは、 これらの変更後のものをいいます。)を受けた監理団体について、以下のとおり公表します。

 平成29年12月1日現在
  691団体

  (内訳)
  一般監理事業の許可:274団体
  特定監理事業の許可:417団体

■概要
外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図るため、技能実習に関し基本理念を定め、国等の責務明らかにするとともに、 技能実習計画の認定及び監理団体の許可の制度を設け、これらに関する事務を行う外国人技能実習機構を設ける等の所要の措置を講ずる。

1. 技能実習制度の適正化
実習生が作成する技能実習計画について認定制とする
実習実施者について届出制とする
監理団体については、許可制とする

2. 技能実習制度の拡充
優良な実習実施者・監理団体に限定して、第3号技能実習生の受け入れ(4~5年目の技能実習の実施)を可能とする。